FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
2018 涼風祭の最後を飾った”ViVid"による華麗なる共演
2018 / 08 / 23 ( Thu )
秋風が吹き始めた涼風祭最終日は、ピアノ冨永愛子さんと、
マリンバ岩見玲奈さん女性ふたりのユニット“ViVid”による共演。

Vivid1.jpg

グランドピアノとそれに負けない大きさのマリンバがどんと鎮座する
舞台に、鮮やかな赤と黒の衣装で登場したおふたりは、音大時代からの
知り合いだそうだ。
オープニング、モンティ「チャルダーシュ」(チャルダーシュは
ハンガリー語で酒場という意味のチャールダに由来する)は、
ヴァイオリン演奏で馴染みの曲だが、これを鍵盤打楽器二種で
奏でるとどうなるか?
出だしの哀愁を帯びたゆっくりしたメロディーから早いテンポへ
切り換わると、なんとも小気味よいリズムが耳を打つ。おだんごに
髪を結った玲奈さんは、さながら厨房で踊りながら包丁をふるう凄腕
料理人だ。包丁ならぬマレット(ばち)をタッタカタカタカ振り下ろす
手先の速いこと速いこと!マリンバの管の下に見える足さばきも
軽やかで、楽しい気分が一気に盛り上がった。

Vivid2.jpg

MCはピアニスト愛子さん。
本日の裏テーマは“フィギュアスケートで皆に親しまれている曲”
だとか。頭の中が一瞬テレビ画面に切り替わり、今日のスケーター
たちはどんな舞を見せて(魅せて)くれるだろうとワクワクする。

2曲目はプロコフイエフのバレエ音楽「ロミオとジュリエット」より6つの
小品。この中の「モンタギュー家とキャピュレット家」は、
“のだめカンタービレ”でもおなじみだ。大編成のオーケストラ曲を
ピアノとマリンバだけで100人力、パワー全開で聴かせてくれた。

3曲目のリスト「愛の夢」は、浅田真央ちゃんがショートプログラムで
滑ったときの曲。流れるような旋律を(弦楽器なら細くヴィブラートを
かけるのだが)鍵盤をさざめくように小さく小さく連打して表現。
美しいの一言。

4曲目、5曲目はピアノソロで、ラフマニノフ「鐘」と「リラの花」。
冨永愛子さんは2008年東京音楽コンクールで優勝した時の曲が
ラフマニノフのコンチェルト1番だったと説明があった。
ずばぬけて大きな手をもち、沢山の音符を弾きこなしたラフマニノフ
の曲を得意とするというのだから凄い。
ちなみに「リラの花(=ライラック)」の花ことばは“青春のよろこび”
だそう。

Vivid3.jpg

6曲目、同じくラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」は映画や
ドラマにも使われたロマンチックな小品。舞台の袖から滑るように
マリンビストが現れ、うっとり聴いているうちに第1部が終わった。

休憩時間、序盤からの熱演でエネルギー消費したおふたりは、赤い
ドレスのまましばらくパッタリ倒れていたそうだが、第2部が始まる間際
慌てて着替えましたと爽やかなブルーの衣装で元気に再登場。

Vivid5.jpg

7曲目サンサーンス「死の舞踏」はキム・ヨナ選手が黒い衣装で
格好よく舞っていた曲。弾ける木琴の音色は激しく乱舞する
ガイコツの骨と骨とがコロコロカラカラと当たる音の様。

8曲目は没後100年になるドビュッシーの「月の光」。
9曲目「五木の子守唄による幻想曲」は玲奈さんのお母様(ピアニスト)
と音大同窓の西部哲哉氏によるマリンバとピアノのための曲で、
7月に初演、今回が2回目のお披露目だそうだ。
「守り子唄」五木のもの悲しいメロディー、柔らかな低音が心に響いた。

Vivid4.jpg

ラストは、ガーシュイン「ラプソディ・イン・ブルー」。舞台マリンバの横に
いくつもの打楽器が並べられた。楽器の王様といわれるピアノと、
“木”そのものが音階になっていて、メロディー、リズム、ハーモニーを
同時に奏でることのできる多彩なマリンバ、それに加え沢山の打楽器
で演奏されたラプソディ・・・はというと、
ピアニカ(!)が奏でるけだるいメロディーで始まり、その後はドラム、
シンバル、チャイム、どら、ラッパ、かね、トライアングル、もくぎょ、
カポカポ鳴るもの、ぐるぐる回しジーと鳴るもの、、、名前が分からない
のが次々登場。
抜き足差し足で“鳴りもの”に近づいてチャララ~と音を鳴らしたかと
思うと、次の瞬間にはマリンバの前で激しくマレットを操っている玲奈さん
の動作は猫のようにしなやかで、ライオンのように雄々しく、まさに
八面六臂の活躍ぶりであった。

Vivid7.jpg

会場をあっといわせ、万雷の喝采を得た演奏の後のアンコールは、
なんとパワーアップした「チャルダーシュ」。
ふたりが顔を見合わせ、いたずらっこのように笑みを交わしながら弾く
チャルダーシュは、まだまだイケイケな感じで、全くスーパーViVidな
若いふたりの息の合った迫力満点な演奏に脱帽であった。(清夏)

スポンサーサイト
00 : 18 : 12 | 感想文 | コメント(0) | page top
清里の森 涼風祭 清里寄席~春風亭柳橋~の巻(8月18日)
2018 / 08 / 22 ( Wed )
夏らしい爽やかな日がようやくもどった清里、というより秋の気配漂う
八ヶ岳南麓の。昼過ぎに森の音楽堂で鉢合わせた熊五郎と八五郎・・・

昼寝はどうした、八っつぁん。

前売り買ったから、しょうがねぇ。ちょいと散歩に来たまでよ。
ところで、今日の前座はだれでぇ、知ってるかぃ、熊さんっ。

めくり見りゃ分かるだろ。春風亭べん橋って書いてあるじゃねぇか。

へんななまえだねぇ。

べん強1

べん橋ってぇくらいだもんでおつむよろしく、韮高でいちばん勉強ができて、
いわゆる首席ってぇか、一番の成績で卒業したってぇのと一緒の卒業って
こった。韮高っていやぁ、ノーベル賞の大村先生やらサッカーの中田
しでとしも出るくれぇのてぇした高校だ。

で、何でぇ、今日のお題は・・・

『狸の鯉』って噺だ。
子狸が恩返しに来て、言われるままに鯉に化けたんだが、
出産祝いに持ってかれ、危うくまな板の上で切られそうになるってぇ
はなしだ。その鯉はまな板の上でガタガタ震え、恨めしそうに料理人を
見たり、目には泪を浮かべたり。
料理人のぼやきと鯉の仕草を身振り手振りもまじえて、べん強さんが
うめぇ具合にやるわけだ。

べん強2

でもって、鯉はまな板から飛んで逃げるんだが、オチは“鯉のマキ登り”
ってわけさ。
やるじゃねえかべん強。鯉に負けねえくれぇ、登って登って出世しろよっ!

てけてんてけてんてんてんつくてんつく~~、柳橋師匠、待ってましたっ。

柳橋0

柳橋師匠といやぁ、この界隈なん度も来てるんだが、知ってるかい。
喫茶店だって蕎麦屋だって集会場だって、そこいらのどこだって、寄席に
代えちまうんだってよ。
客がひとりふたりでも、寝てたって、手をぬかねぇてのは偉いじゃねぇか。

柳橋1

師匠は大学でも教授ってことらしいが、先生ってのは何でも知ってなきゃ
務まらないらしいや。まくらと本題の境が分かんなくなっちまったが、
まずは『やかん』みてえだ。
「川中島の合戦の折、兜代わりにかぶった湯沸かしに、矢が当たって
カーン、矢が当たってカーン、だから薬缶(やかん)だ」って、うめぇ
屁理屈じゃねぇか。

次ぎのまくらは、柳橋師匠NHKドラマ出演の巻でぇ。
なんでも、六代目春風亭柳橋は吉田茂に可愛がられてたってこったが、
招かれて吉田首相の前で落語を演じる六代目を八代目柳橋師匠が
やったわけだ。NG連続で、撮るのにかかった時間はなんと4時間だが、
ドラマではたった13秒に纏めたってぇんだから凄いもんだっ!?

柳橋14


八代目柳橋師匠が好きな噺のひとつが「妾馬(めかうま)」ってさ。
八五郎の妹・おつるが大名の目にとまって側室になるんだが、殿様の
跡継ぎとなる男の子を生んだもんで、八五郎は殿様の屋敷に招かれた
わけだ。そんな慣れねぇところで、とってつけたような仰々しい八五郎の
言葉遣いは通じねぇ。殿様が普段通りに話せと仰ると、いつもの如く
傍若無人に振舞って、勧められるまま”谷桜”をぐいぐいぐいっと・・・。

柳橋13

笑いあり、涙あり、大いに笑って暑さはどこへやら。
お信玄餅やお谷桜で噺を盛り上げたてまつるお柳橋師匠は、
さすがでたてまつる。お残業時間まで働き続けてたてまつりて、
さぞお疲れたてまつったにそうろう。
おあとがよろしいようで・・・ (清志郎)
23 : 42 : 02 | 感想文 | コメント(0) | page top
清里の森 涼風祭 第4日目は大澤歩土テノール・コンサートでした
2018 / 08 / 17 ( Fri )
涼風祭も中盤。4日目の演目は、若手テノール歌手大澤歩土さんの
ソロコンサート。

開場直前の土砂降りスコールにはビックリしたが、開幕と同時にピタリと
雨が止み、薄日も射してきた。きっとどこかに虹がかかっているでしょう、
と歩土さん。彼は晴れ男にちがいない。

ご自身の紹介によると、小さい頃は清里で暮らし、自転車で“この辺り”を
走っていたのだとか。お父様は地元のイタリアンレストラン店主で
いらっしゃるが、アルファロメオの車にイタリア歌曲のCDを積み、少年は
それを聴いて育ったそうだ。そうか!だから「歩土さん」アルトならぬ
テノール歌手として立派に成長なさったのね、と納得した。

話しは一日前に遡りますが、前日の演目は太鼓&三味線。
太鼓は地面を伝ってくる地響きで文字通りお尻がビリビリする感じだった。
三味線はエレキギターのような硬質な、これまたビリビリ系。
そして今日は、大人の男性身ひとつ。骨太だけど耳に柔らかい声の音で
会場が包まれた。

テノールピアノ小

前半はイタリア歌曲・カンツォーネ集。トスティ、カンパネッラ、フォルヴォ、
マリオ、トスティ、ドニゼッティ(オペラ・アリア)。ほぼ全てが恋のうた。
歩土青年もイタリア留学中にカターニアの空の下を恋人と歩いたのであろうか
と想像しながらたのしく拝聴した。

二人の解説小

コンサート後半は(やはり清里在住の)福井マナさんのピアノ独奏で始まった。
パリに長く滞在したという彼女の選曲は、やっぱりフランス音楽の
ラヴェル「水の戯れ」、そしてドビュッシー「喜びの島」。
どちらも細かい軽やかなトリル連打が続くパッセージで、きらきら涼しげな音
が弾け、耳に心地よかった。

ピアノ独奏小

私たちには聴き慣れない「コレペティトール」というお仕事は、
歌い手への助言と伴奏をし、歌い手の譜読みや発声矯正、音楽への
理解を深める手助け、指導をするのだという。
歌い手にとってトレーナーのような欠かせない存在である。
小柄なマナさんも黒いドレスでたったひとりピアノの前に座り、譜メクリスト
もなしで演奏する姿が鮮烈でした。

ピアノ独奏のあとは再びテノール独唱。
清里の夏の夜空をイメージしながら歌うというドビュッシー「星の夜」が
印象に残った。
日本のうたも一曲、高野喜久雄作詞・高田三郎作曲「くちなし」。
これは歩土さんご自身のお父上様への思いも感じられた。

独唱小

最後はやっぱりカンツォーネでしめくくり。
アンコールは誰もがよく知る「帰れソレントへ」。碧い海、白壁の家々、
明るい陽光をイメージした。

最後の挨拶小


「テノール」の呼び名は「保つ」を意味するラテン語のtenereから
とられたそうで、「主旋律を保つ者」の意だそう。
歩土さん、これからも美しい主旋律を奏でて、熱いハートを届けて
ください。たくさんの方々に。(清夏)
15 : 36 : 15 | 感想文 | コメント(0) | page top
清里の森 涼風祭 信濃国松川響岳太鼓と山中信人の津軽三味線
2018 / 08 / 15 ( Wed )
第10回清里の森 涼風祭の3日目(8月11日)は、信濃国松川響岳太鼓子供会
と山中信人の津軽三味線の競演でした。

第一部の信濃国松川響岳太鼓は「しなののくに まつかわ きょうがくだいこ」
と読みます。長野県 北安曇野郡 松川村は、信州安曇野に位置し、北西部
には雄大な北アルプス連峰がそびえる田園地帯にあります。

響岳太鼓子供会は今年、涼風祭に初参加。
昨年まで涼風祭に出演していただいた青木村義民太鼓「こまゆみ会」とは、
同じ長野県内においてライバルとして切磋琢磨している関係にある。
結成32年を迎えるグループの目標は、見る人、聞く人の心に響く太鼓を
楽しく打ち鳴らすこと。「血湧き肉躍る」気持ちの体現。

舞台下まで小

最初の曲は、「祝祭(しゅくさい)」。祝いの曲を楽しく元気に演奏。
奏者たちの両脚は、重心深くステージに張り付き、頭とバチを
振り下ろす両腕の高さは、ブレることなく一定の位置を保ち、力強く
安定した音を生み出していた。

大太鼓小

今月の日本太鼓ジュニアコンクール長野大会で、自由曲として演奏する
という、「月の下で」は、三日月、満月など、月が魅せる様々な表情を太鼓と
笛で表現した曲。笛の音色と重低音の大太鼓のみで始まるが、徐々に
他の太鼓が加わり、いつの間にか迫力満点の大合奏へと変化する。
雲の切れ間から見え隠れしていた三日月が、黄金色に輝く巨大な満月へと
変化する様が、目に見えてくるような演奏だった。

鬼の面小

響岳太鼓の代表曲「化心(けしん)」は、人の心の中にある喜び、悲しみ、
怒りといった様々な気持ちを般若の面で隠し、太鼓の音色と動きで表現。
般若の面をつけたステージ中央の3人は、面の下で、絶妙にタイミングを
確認しあい、表情豊かに躍動していた。ステージ影からは、演奏をサポート
する大きな掛け声が響き、太鼓を打つ皆の手に、更に力が加わった様だ。

背筋小


曲の始まりは、必ず、会場に響き渡るような大きな「礼」の掛け声。
若人の素直さと力強さを感じた。

最後の例小


休憩をはさんで第二部は、津軽三味線世界大会で、最上級A級三連覇
を達成した達人・山中信人が登場。会場を押し潰さんばかりに響き渡った太鼓
とは一転、静かで精細な弦の音色が響く。

山演奏小

1曲、2曲と流石の演奏を披露し、曲間に挟むトークの中で、13歳で三味線を
始めた頃、実は、太鼓も習っていたという話に及ぶ。当時の山中少年が、
太鼓を生業として選んでいたら、30年経った今日、三味線の達人ではなく、
太鼓の達人として活躍していたかもしれない。演奏技術はもちろんのこと、
人柄を滲ませたトークにも更に磨きが掛かっていた。

山説明小

三味線曲としては珍しい、カタカナ名の「イナズマゴロピカ」は、
童謡・七夕サラサラの音色から静かに始まるが、やがて空には黒雲が
立ち込め、雨が激しく地面を叩き、稲妻が走ったかと思うと、間近で雷鳴が
轟くといったタイトル通りの演奏だった。

山集中小

さくら、さくらで始まる童謡「さくら」や朝鮮で最も有名な民謡「アリラン」も
山中さんの編曲、演奏により、三味線曲へと変わっていった。

津軽三味線の演奏が、何故、即興になったのかを、津軽小原節、
津軽おいらん節などの実演を交え、面白おかしく解説したのち、津軽三味線
世界大会A級3連覇の優勝曲「津軽じょんがら節」を披露。
山中さんの思いや技術がふんだんに込められた特別の1曲だ。

山民謡小

間違えることのない百発百中の曲だが、何度弾いても、自身の演奏に満足
することはないという。
それが優勝曲だとしても何ら思いは変わらなかったと笑顔で語っていたが、
山中さん、渾身の迷いがない津軽じょんがら節は、それでも聴き手を十分に
満足させた。

自身の唄声と観客の手拍子、口拍子に包まれたアンコール最後の曲「東京音頭」
とともに、今年の山中信人の演奏が終了した。

ひたむきな若々しさと、円熟の技を堪能した2時間でした。(清也)
09 : 23 : 22 | 感想文 | コメント(0) | page top
清里の森 涼風祭第2日 N響メンバーによる室内楽
2018 / 08 / 08 ( Wed )
涼風祭2日目(8月5日)は、恒例のN響メンバーによる室内楽。
リーダーの金田幸男さんは、森の音楽堂で演奏を始めて31年になる。
今年は弦に加え、管のフルーティスト中野真理さんが加わり、
6人による音色で会場を魅了した。

オープニングはモーツアルト「フルート四重奏曲 第1番 K.285ニ長調」。
高原を渡る風が時折吹き込んでくる会場で、軽やかなフルートの旋律が
耳に心地よい。至福のコンサートタイムの始まりにふさわしい選曲だ。
フルート四重_小

弦楽四重奏版のエルガー「愛の挨拶」の後は、実力派演奏者たちの独奏タイム。

ヴィオラ奏者 高橋梓さんは地中海の色を想起させるエメラルドグリーンの
ドレスをまとい、舞うように弾く立ち姿が凛として美しかった。
フォーレ「シシリアーノ」をヴィオラでしっとり歌い上げた。
(金田さんの紹介によると6か月になるベビーがいらっしゃるとか!)
ヴィオラ独奏小

続くチェロ独奏は平野秀清さん。曲は同じくフォーレの「エレジー」。
物悲しい旋律からはじまり、濃密で熱情あふれるこの曲を、抑制的に奏でる演奏に
好感が持てた。平野さんの人柄だろうか。
チェロ独奏小

秀逸は中野真理さんのフルート独奏 ドップラー「ハンガリー田園幻想曲」。
冒頭部が馬子唄に似ていて篠笛のような感じ。郷愁が湧き上がってくる。
中野さんのお話しによれば、かの横溝正史がこれを聴いて「悪魔が来たりて
笛を吹く」を構想したのだとか。
フルート独奏小

特筆すべきはピアニストの梅村祐子さん。ピアノ伴奏は縁の下の力持ち的な
存在だけれど、各独奏者との息もピッタリで、コンサートの評価を一層高めた
ことは間違いない。

休憩をはさんで後半はドヴォルザーク2曲。
「弦楽四重奏曲 第12番 ヘ長調Op.96「アメリカ」より第1楽章」(金田さんの
ドヴォルザークは鉄道オタクだったという話に会場皆が感心しました。)
「ピアノ五重奏曲 イ長調 Op.81より第2、第3楽章」
1st Vn ベテランの金田幸男さんを支える2nd Vn 船木陽子さんの存在が
際立っていました。
ピアノ五重奏小

アンコールは、フルートとピアノで「ユーモレスク」。
さらにブラームス「ハンガリー舞曲第1番」。

本日の演目は最初から最後まできらきら光るフルート大活躍でした。
アットホームなクラシックコンサートを来年も楽しみにしています。(清夏)
04 : 05 : 36 | 感想文 | コメント(0) | page top
涼風祭始まる 八ヶ岳南麓に届いた爽やかな女声コーラス 
2018 / 08 / 08 ( Wed )
第10回涼風祭は、8月4日『女声合唱団フォンテーヌ 夏のコンサート』
で幕を開けた。

午後2時前、急ぎ足で音楽堂に着いた頃には入場が始まっていた。会場は満席。
期待感の熱気(+この夏の異常気象)で会場はちょっと暑かった。

涼風祭の実行委員長で清里の森管理センターの吉澤所長の挨拶の後、
幕が上がり、フォンティーヌのメンバーがずらりと登場。
鮮やかなブルーとホワイトの衣装をまとい、とても艶やかでした。
フォン1小 - コピー

第1ステージは、「Birthday」(“鶴瓶の家族に乾杯”主題歌)で
楽しく始まり、岸田衿子さん、村野四郎さん、谷川俊太郎さんの作詞
による曲が続いた。日本の歌曲を聴いていつも感じるのは日本語の持つ
詩的な美しさ、面白さ。
詩人たちの編んだ言葉の数々が音の旋律にのって踊りだす。
聴いているうちに、すっかり汗はひいていた。

第2ステージは、女性3人のアンサンブル「カラーズ」によるアカペラ集。
衣装は深いワインレッドのロングドレスに銀のくつ。
フォン2小

愛らしいコロコロ転がる「グリーンピースのうた」から、ブラームスの
「ハンガリアン・ダンスNo.5」まで、レパートリーは幅広い。
それらを見事に女性3人で歌いきり、聴かせてくれました。

休憩をはさんで、第3ステージは再びフォンティーヌの方々が涼しげな
あわい水色のブラウスと白いボトムズで登場。
フォン3小

昔懐かしいポップスのメドレーで会場が湧きました。
山口百恵、キャンディーズ、ピンクレディー、、、あの頃は皆若かった!

フォン4小
第4ステージは、再び青いロングドレスに衣装を替え、谷川俊太郎さん作詞、
大竹くみさん作曲の、女声合唱とピアノのための「色の息遣い」。
指揮者西尾冨美代さんの朗読に始まり、ダイナミックなピアノ演奏と
美しい女声の調べにのり、再び詩人の紡ぐ言葉の世界に没頭した。

最後の曲は、福島県南相馬市立小高中学校の卒業生が作詞した「群青」。
遠く離れても「あの街でまた会おう」と誓う言葉に胸があつくなりました。
アンコールは「365日の紙飛行機」(“あさが来た”主題歌)、穏やかで清楚、
心に残る締めくくりでした。

コンサートが終わって外に出ると、ヤマユリがたくさん咲いていました。
清里では例年この時期が見頃です。
ヤマユリ小

以上、涼風祭初日のリポートでした。(清夏)
01 : 24 : 40 | 感想文 | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。