FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
清里の森涼風祭 最終日のプログラム ピアノとマリンバのコンサート
2018 / 08 / 15 ( Wed )
今年の清里の森涼風祭も8月18日(土)・19日(日)を残すのみ。

今日のブログは、最終日を飾る”ピアノとマリンバユニット ViViD”
による華麗なる共演のプログラムをご紹介します。

出演/冨永愛子(ピアノ)、岩見玲奈(マリンバ・パーカッション)
14:00開演(13:30開場)/
料金:前売り券2,000円、当日券2,300円、高校生以下無料。


           第1部
1.  V.モンティ: チャルダーシュ 5
2.  S.プロコフィエフ: ロミオとジュリエット組曲 22
3.  S.ラフマニノフ: 前奏曲「鐘」Op.3-2 (ピアノソロ) 5
4.  S.ラフマニノフ: リラの花 Op.21-5 (ピアノソロ) 3
5.  S.ラフマニノフ: パガニーニの主題による狂詩曲より第18変奏 3

        ~~~ 休憩 ~~~         

           第2部
6.  F.リスト: 愛の夢 第3番 5
7.  C.サン=サーンス: 死の舞踏 8
8.  C.ドビュッシー: ベルガマスク組曲より 月の光 5
9.  西部哲哉: 五木の子守唄による幻想曲第2番 8
10.  G.ガーシュウィン: ラプソディ・イン・ブルー 22

8月19日冨永さんと岩見さん(小)

冨永さんと、岩見さんのご経歴を紹介します。

冨永愛子(ピアノ)
神奈川県出身。9歳でかながわ音楽コンクール最優秀賞を受賞し、ソリストとして
神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演。
ピティナ・ピアノコンペティションG級銀賞(ジャック・ルヴィエ特別賞・
王子賞受賞)等、国内のコンクールで入賞を重ね、
東京音楽大学在学中の2008年第6回東京音楽コンクールピアノ部門で優勝。
卒業後に渡独。ドイツ国立エッセン・フォルクヴァンク芸術大学プロフェッショナル
パフォーマンスコース(マスター課程)を最優秀の成績で修了。
菊地麗子、東誠三、ヘンリ・シーグフリードソン、室内楽をY.クリムキエヴィチ、
E.シナイスキー各氏に師事。
ソリストとしてこれまでに、日本フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、
東京交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団といった
国内主要オーケストラと共演を重ねている。
2017年、日本アコースティックレコーズからソロ・デビューアルバム「リラの花」
をリリース(レコード芸術準特選盤)。

岩見玲奈(マリンバ・パーカッション)
兵庫県出身。これまでに松本真理子、前川典子、菅原淳、有賀誠門、岡田眞理子、
村瀬秀美、藤本隆文、久保昌一らに師事。
東京音楽大学卒業後、同大学院管打楽器研究領域を特別特待奨学生として修了。
2010年、11年度ロームミュージックファンデーション奨学生。
2009年ザルツブルク国際マリンバコンクール第1位をはじめ、
2008年第25回日本管打楽器コンクール第1位、
2007年ベルギー国際マリンバコンクールソロ部門第2位など、
多くのコンクールで優秀な成績をおさめる。
各地でのリサイタルのほか、関西フィルハーモニー管弦楽団、日本フィルハーモニー
交響楽団、ソフィアフィルハーモニー管弦楽団、航空自衛隊西部航空音楽隊等と共演。
土気シビックウインドオーケストラのCDにソリストとして参加するほか、
ソロアルバム「The WAVE」をCAFUAレコードよりリリースしている。

多くの皆さまにご来場いただき、爽やかな音楽と高原の去りゆく夏を
お楽しみいただきたいと思います。(清志郎)
12 : 17 : 24 | プログラム・内容 | コメント(0) | page top
<<清里の森 涼風祭 第4日目は大澤歩土テノール・コンサートでした | ホーム | 清里の森 涼風祭 信濃国松川響岳太鼓と山中信人の津軽三味線 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。