FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
清里の森 涼風祭 清里寄席~春風亭柳橋~の巻(8月18日)
2018 / 08 / 22 ( Wed )
夏らしい爽やかな日がようやくもどった清里、というより秋の気配漂う
八ヶ岳南麓の。昼過ぎに森の音楽堂で鉢合わせた熊五郎と八五郎・・・

昼寝はどうした、八っつぁん。

前売り買ったから、しょうがねぇ。ちょいと散歩に来たまでよ。
ところで、今日の前座はだれでぇ、知ってるかぃ、熊さんっ。

めくり見りゃ分かるだろ。春風亭べん橋って書いてあるじゃねぇか。

へんななまえだねぇ。

べん強1

べん橋ってぇくらいだもんでおつむよろしく、韮高でいちばん勉強ができて、
いわゆる首席ってぇか、一番の成績で卒業したってぇのと一緒の卒業って
こった。韮高っていやぁ、ノーベル賞の大村先生やらサッカーの中田
しでとしも出るくれぇのてぇした高校だ。

で、何でぇ、今日のお題は・・・

『狸の鯉』って噺だ。
子狸が恩返しに来て、言われるままに鯉に化けたんだが、
出産祝いに持ってかれ、危うくまな板の上で切られそうになるってぇ
はなしだ。その鯉はまな板の上でガタガタ震え、恨めしそうに料理人を
見たり、目には泪を浮かべたり。
料理人のぼやきと鯉の仕草を身振り手振りもまじえて、べん強さんが
うめぇ具合にやるわけだ。

べん強2

でもって、鯉はまな板から飛んで逃げるんだが、オチは“鯉のマキ登り”
ってわけさ。
やるじゃねえかべん強。鯉に負けねえくれぇ、登って登って出世しろよっ!

てけてんてけてんてんてんつくてんつく~~、柳橋師匠、待ってましたっ。

柳橋0

柳橋師匠といやぁ、この界隈なん度も来てるんだが、知ってるかい。
喫茶店だって蕎麦屋だって集会場だって、そこいらのどこだって、寄席に
代えちまうんだってよ。
客がひとりふたりでも、寝てたって、手をぬかねぇてのは偉いじゃねぇか。

柳橋1

師匠は大学でも教授ってことらしいが、先生ってのは何でも知ってなきゃ
務まらないらしいや。まくらと本題の境が分かんなくなっちまったが、
まずは『やかん』みてえだ。
「川中島の合戦の折、兜代わりにかぶった湯沸かしに、矢が当たって
カーン、矢が当たってカーン、だから薬缶(やかん)だ」って、うめぇ
屁理屈じゃねぇか。

次ぎのまくらは、柳橋師匠NHKドラマ出演の巻でぇ。
なんでも、六代目春風亭柳橋は吉田茂に可愛がられてたってこったが、
招かれて吉田首相の前で落語を演じる六代目を八代目柳橋師匠が
やったわけだ。NG連続で、撮るのにかかった時間はなんと4時間だが、
ドラマではたった13秒に纏めたってぇんだから凄いもんだっ!?

柳橋14


八代目柳橋師匠が好きな噺のひとつが「妾馬(めかうま)」ってさ。
八五郎の妹・おつるが大名の目にとまって側室になるんだが、殿様の
跡継ぎとなる男の子を生んだもんで、八五郎は殿様の屋敷に招かれた
わけだ。そんな慣れねぇところで、とってつけたような仰々しい八五郎の
言葉遣いは通じねぇ。殿様が普段通りに話せと仰ると、いつもの如く
傍若無人に振舞って、勧められるまま”谷桜”をぐいぐいぐいっと・・・。

柳橋13

笑いあり、涙あり、大いに笑って暑さはどこへやら。
お信玄餅やお谷桜で噺を盛り上げたてまつるお柳橋師匠は、
さすがでたてまつる。お残業時間まで働き続けてたてまつりて、
さぞお疲れたてまつったにそうろう。
おあとがよろしいようで・・・ (清志郎)
23 : 42 : 02 | 感想文 | コメント(0) | page top
<<2018 涼風祭の最後を飾った”ViVid"による華麗なる共演 | ホーム | 清里の森 涼風祭 第4日目は大澤歩土テノール・コンサートでした>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。